わたしが作ってます。

Ton-ton 代表:大谷俊行

10代の頃にログハウスや木柵など丸太を扱う仕事を経験。

23歳の時単身・アメリカ留学。ただの自分探しの旅です。

帰国後、やっぱり物作りの世界がいいなとまた木工の世界へ。

それ以来、住宅家具・店舗家具を作るなかで子供が木を手に取る

姿がすごく素敵だと思い始め、もっと自分にもなにかできるのではと

2016年木育インストラクターを取得。依頼、木育にどっぷりハマる。

幼児向けには?と2018年保育ナチュラリスト取得。

自然体験・原体験の重要性を再認識し、独自の「木育ひろば」を

勝手に開催しております。

作り手の思い、自然と向き合うこと、共存していく術。

あらゆることが世界中の子供たちに木を通して伝われば

幸せです。